レーザー治療について

レーザー治療とは

レーザー治療とは

医療分野でのレーザーといえば、手術に使うレーザーメスがよく知られています。  
レーザーには、切開の他に「鎮痛」、「殺菌」、「消毒」、「止血」、「消炎」など、実に多くの利点があることがわかっています。「レーザー歯科治療」は、この利点を応用した画期的な治療法です。  

人体に対して安全であることは手術で使われていることからも実証されていますが、加えて麻酔や鎮痛剤の使用を減らせるので、妊娠中の方やアレルギー体質の方にも安心して治療できるというメリットもあるのです。

レーザー治療の対応症状

レーザー治療の対応症状


 * 歯周病の治療 *


放置しておくと歯が抜けてしまう歯周病には、歯肉の切開や歯肉のポケットへの殺菌、消炎をレーザーで行います。痛みや出血も少なく、レーザーでの治療は回復期間も短くなるのが特徴です。



 * 色素沈着の除去 *


歯ぐきに黒ずんだ色素が沈着してしまう色素沈着。歯肉等の表面にレーザーを数回にわたって照射すると、痛みも少なく麻酔なしに黒ずんだ色素を取り去ることができます。



 * 切開手術 *


レーザーでの切開は、痛みや出血が少なく殺菌・消毒・消炎効果により術後の回復も早く、抗生物質や鎮痛剤の使用も抑えることができます。



 * 口内炎の治療 * 


痛みを伴なう口内炎もレーザー照射で鎮痛、消炎効果が得られます。痛みが少なく、治りが早いので、お子様にもやさしい治療方法です。



 * 虫歯と予防 *


レーザー照射は、歯の表面を硬化させる力をもっています。また耐酸性も強まり、虫歯になりにくい歯を作ります。



 * 知覚過敏症の治療 *


冷たいものや熱いものがしみる知覚過敏症も、レーザー照射で封鎖して簡単に治療することができます。

レーザー治療の効果

レーザー治療をすることにより以下のような効果が期待できます。

・消炎効果(炎症を抑えます)
・レーザー麻酔作用(注射の頻度と量を減らします)
・鎮痛・除痛効果(痛みを減らしたり抑えたりします)
・殺菌・消毒効果(治療をしにくい患部も治療できます)
・組織の活性化作用(歯肉を健康な状態に戻します)
・止血効果(出血を減らします)
・組織の蒸散(患部を飛ばしてしまいます)

これらの効果・作用により以下の治療にレーザーを使用しています。

・虫歯の治療・予防(歯の表面を強化します)
・口内炎・義歯の接触痛(痛みが和らぎます)
・根管治療(歯の根っこ・神経の治療)
・止血(歯を抜いた後などの血を止めます)
・歯ぐきの黒ずみ(メラニンという色素を飛ばします)
・知覚過敏(冷たい物がしみる方)
・歯周病(歯槽膿漏)の治療
・レーザー麻酔
・顎関節症(顎の関節が痛む方)
・その他(色々な治療に)

このレーザー治療器は、副作用も無く妊娠中の方、高血圧の方、薬を服用中の方にも安心して治療を受けられる機器です。